github twitter email rss
Ansible Roleの継続的自動UpdateについてLTした
Apr 28, 2018
3 minutes read

https://gyazo.com/510241fc62c4497af3a35142fe5ca5ed

5分間のLTしてこんなクールなタンブラーが貰えるなんて、RedHat社は素晴らしい会社だと思います。ちょっとびっくりした。

Ansible Night in Tokyo 2018.04でLTをしてきた。なんだか最近inputもoutputもパッとしてない感じがしたので、「そうだ! LTしよう!!!」とほぼ思いつきで。自身3回目なんだけど、RedHatでAnsibleの話をするってのはちょっと日和った。TL見る限りだと好評っぽかったのでありがたい限りでした。

テーマはAnsible Roleの継続的自動更新。Ansibleにはプログラムのパッケージ(RubyGemsとかpipとか)みたいな感じで、Ansible Roleという単位にコードをまとめて再利用する仕組みがある。自分もよく使うのだけど、このRoleに更新をかけたとき、それをimportしている各Playbook上で、バージョンの追随をするのが結構面倒で、みんなどうしてんだろうという思いもあり話してみた。

この手の話はRuby界隈でも「定期的なbundle updateをいかに実行するか」という話がよく聞かれたり、ソフトウェア開発分野でもポピュラーな課題っぽかったので、そちらをいろいろ参考にした。結果としてCIで回しましょうという、まぁそうだよねという結論に至っている。

難題は実装部分で、RubyGemsであれば bundle outdated という最新ではないgemを出力するコマンドがあったりするんだけど、Ansible Roleを管理する ansible-galaxy コマンドには「更新を確認する」ための機能はない。なので少し変則的なのだが、

- src: hoge.fuga
  version: 1.0.0

という、入れたいバージョンをロックしたrequirements.lock.ymlと、

- src: hoge.fuga

というバージョンを記述していないrequirements.ymlを用意することにした。 ansible-galaxy install はバージョン指定無しで実行すると最新を引っ張ってくるので、前者と後者で入るRoleのバージョンに差異があれば「更新あり」と判断できるようになる、という話。明らかにワークアラウンド、という感じなので、他にもっとスマートなやり方をしている人がいれば教えてほしいところ。これに限らずなのだが、Infrastructure as Codeにソフトウェア開発のプラクティスを適用できる、というのはその通りなのだけど、それが実際どう実装するべきなのだという情報をもっと知りたい。

ちなみにLTは1年以上ぶりだったし経験ほとんどないので、上のスライド見て分かる通り明らかに詰め込みすぎで、思いっきり時間オーバーするしアレでした。しかしフィードバックも貰いやすいし、他の人のLTも参考になるし、もっとやっていきたいですね。


Back to posts